就業判定サービスの概要と料金

◆就業判定サービスの概要と料金について

① 弊社契約医師が健診個人結果を確認し、「通常勤務可」「制限付き就労可」「就労不可」
  等の就業判定を健診結果個人票に記載致します。
② 弊社契約医師が必要と判断した場合には医療機関受診勧奨レターや有所見の検査項目に
  沿った保健指導レター(指導箋)を発行致します。

一例ですが20名様の場合、年間24,000円(税込26,400円)で
承ります。

料金は健康診断受診対象人数によって決定致します。
対象人数は、1事業場、数名様からでも承ります。
まずは、健康診断受診対象人数をお聞かせください!

※特定業務従事者の健康診断や特殊健診などがある場合には、従業員様お一人様に対して
 年2回まで健康診断結果の就業判定をさせて頂きます。
※上記の料金には就業判定作業代と受診勧奨レター等の発行料の両方を含みます。
※健康診断結果を郵送して頂くタイミングは、契約期間内でしたらいつでも構いません。
※価格は消費税別となります。


*健康診断結果は都度、日本産業医支援機構までご郵送いただくか、PDF等のデータとしてお送りいただく方法で対応させて頂きます。就業判定(就労判定)や本人向け受診勧奨レターの作成が出来上がりましたら、郵送等の方法でお返しいたします。

*健康診断の種類は法定定期健診、成人病健診、人間ドック、有機溶剤などの特殊健診などどれでも対応致しますが、就業判定(就労判定)する部分は原則として健康診断の法定項目とさせていただきます。(がんなどの検査結果などを除いて就労の可否の判定や就業上の措置の指示をさせていただきます。)

*50名以上になると法律上の産業医選任義務の対象となりますので、別契約となります。したがってこのサービスでは担当する医師を産業医として選任することは致しません。


ご質問やご相談は日本産業医支援機構まで、お気軽にお問い合わせ下さい。